tel 052-756-3955

受付時間 9:00~18:00(月~土曜日)

ご相談のご予約

アメリカ連邦最高裁、トランスジェンダーを含むLGBT労働者を保護。

LGBTニュース

アメリカ連邦最高裁、トランスジェンダーを含むLGBT労働者を保護。

1 米連邦最高裁は15日、性自認や性的指向を理由とした職場での差別を認めないとする初判断を示した。

1964年の公民権法は雇用主が労働者を「性別」を理由に差別することを禁止しており、この「性別による差別」に「LGBT」または「性的志向」が含まれるかが争点となっていた。

連邦最高裁は、トランプ派の判事1名を含む保守派の判事2人が賛成に廻り、6人が支持し、3人が反対意見を述べた。

2 世論調査会社・ギャラップ社の調査では米国の成人(約2億人)の4・5%が性的少数者を自覚しているとの統計結果が示されており、社会的に無視できない少数者集団を形成している。

カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)は、労働年齢にある市民のうち、ゲイやバイらが710万人、心の性と体の性が一致しないトランスジェンダーが100万人いると推計する。

3 連邦最高裁の判断は、ゲイやトランスジェンダーであることを理由に解雇された市民らが起こした3件の訴訟に対するものであり、トランスジェンダーが連邦最高裁で保護されたのは歴史上初めてのことである。

トランスジェンダー訴訟では、公民権法が規定する「性別」が、生まれた際に男性だったか女性だったかだけでなく、「自らの性をどう感じ、愛する対象はどのような性の人か」ということまで含む解釈をすることが許されるかが争点になった。

4 連邦最高裁は、公民権法ができた時点では、雇用差別は性別による差別を予期し性的少数者の差別を予期していなかったかもしれないとした上で、「立法者の想像力の限界は、法の要求するところを無視する理由にならない」と指摘し立法者意思説を否定した。そして、法律に「性別」としか書かれていなくとも「性的志向」ないし「自らの思うところの性別」を含む趣旨と解するのが相当とした。そのうえで、連邦最高裁は、「その利益はすべての人に享受する資格がある」として、「同性愛者やトランスジェンダーというだけで解雇するのは公民権法に違反し差別に該当する」と結論づけた。

解説 服部勇人(法務博士、立命館大学)

 LGBTQの関係者は連邦最高裁についてアンソニー・ケネディ裁判官が去り、トランプにより判事に指名されたニール・ゴルサチ裁判官が加入したことから、2015年の歴史的な同性婚判決を後退させるのではないかとの危機感も持たれていた。ケネディ裁判官は、「詩」のような判決で同性婚を認めたため立法をしたと批判をされたが、今回は法律文言の解釈論争として保守派のゴルサチ裁判長も賛成意見に参加することになった。

 その意味では、地に足がついた論争といえる点、トランスジェンダーが初めて連邦法の保護を受けた点が特筆すべき点である。

判事の意見は6対3に別れて、最高裁は、性別に基づく差別を禁止する連邦法は、「性的志向」と「性同一性」を含むと解釈したことが画期的であり、日本法の労働基準法の解釈にも多いに参照されるべきである。

この決定は、LGBTの労働者の保護の範囲を広げるものであり人権法のみならず労働法からも大きな意味があります。

使用者側の弁護士は、1964年のアメリカ・公民権法の起草者が「性的指向」や「性同一性」を含む意図はないと主張していました。

しかしながら、1964年にもゲイやレズビアンは存在していたのであり、そもそも起草者がそのような意図であったかすら疑われます。

 この点、トランプに指名されたゴルサチ判事が裁判長を務めたところ、ゴラス裁判長は、「同性愛者またはトランスジェンダーであることを理由に労働者を解雇する雇用主は、そもそも「性別」「性的志向」「性同一性」のうち、「性別」以外は質問されていなかっただけである。」と判示した。

 

ショーン=K=ヘリソン氏のコメント:

今日の最高裁の判決で私は涙を流しました。

私は、ゲイにも寛容なカリフォルニアに住むことができ、もともとはニューヨーク出身のゲイの男性として、性的志向だけで職を失うことや採用されないことを個人的に心配する必要はありませんでした。

しかしながら、30年以上にわたって全国のクライアントと協力しているファイナンシャルプランナーとして、私は単にゲイであるために仕事を失った人々の無数の話を聞いています。

何年もの間、私はセミナーで、または友人や家族と、この日と年齢で、彼らがゲイであるという理由だけで誰かを解雇することはまだ完全に合法であるかについて話していました。

 

今回の判決で、公民権法のタイトル7章には、労働者が「性別、人種、肌の色、出身国、宗教に基づいて従業員を差別すること」を禁じています。

今回は、「性別」に「性的志向」「性的自認」も包含されると解されました。

これは、オバマ政権下で、差別禁止法を施行する連邦雇用均等委員会は、性同一性と性的指向を含むと述べていました。

トランプ政権がこれを流動化させていました。

連邦最高裁が、ゲイやレズビアンではなく、「トランスジェンダー」の法的保護について言及したのは歴史上初めてです。

 トランスジェンダーの権利は政治的な戦場になりつつあり、連邦最高裁はその保護に積極的であることを示しました。

LGBTの弁護士たちは、職場でのセクシュアリティを隠す必要はなくなったと述べています。

 本件裁判の原告は、本年5月に判決を聴くことなく死亡しています。

 しかし、原告の故エイミーは、アメリカ市民自由連盟は、先月亡くなったトランスジェンダーの原告であるエイミー・スティーブンスからの準備された声明を共有した。彼女の訴訟は、アメリカの最高裁判所が審理した最初のトランスジェンダーの公民権訴訟でした。

「私に生じた解雇が過ちであったことを連邦最高裁が違法と認めてくれたことは、光栄です」「連邦最高裁が私のトランスジェンダーの兄弟と私が法の支配の保護を受けられたことを感謝します。私たちは社会に包含され孤立しないと感じさせます。」との遺言を発表しました。

しました。

判決は、雇用主が同性愛者またはトランスジェンダーであることを知った後に解雇されたと述べた人々によって提起された3件の事件を解決する。

スティーブンス女史は以前、6年間職場で働いていた元男性であり、「私の本当の姿、エイミー・オーストラリア・スティーブンス」と仕事に復帰することを同僚に手紙を書きました。

この2週間後、スティーブンス女史は婦人服での労働を主張したため解雇されたのです。

2014年にスカイダイビングの事故で亡くなったニューヨーク出身のスカイダイビングインストラクターのドナルドザルダは、他の訴訟の1つを提出しました。

彼は「100%ゲイ」だったので、密接な身体的接触を心配しないようにダイビングをしていた女性のクライアントと冗談を言った後、解任されました。

会社は彼が同性愛者だったからではなくクライアントと個人情報を共有したために彼が解雇されたと主張したが、ニューヨーク連邦控訴裁判所はザルダ氏勝訴を言い渡したのです。

ジョージア州出身の元児童福祉サービスコーディネーターのジェラルドボストックは、同性愛者のレクリエーションソフトボールリーグに参加して職を失い、性的志向を公に明らかにしました。

彼の雇用主であるクレイトン郡は、彼の解雇理由につき「郡の従業員にふさわしくない行動をとった」結果であると述べたのです。

ボストック氏はアトランタの連邦裁判所で敗訴していたため逆転勝訴となったのです。

 

法廷意見

ちょっとした仕草で思わぬ結果になることもあります。主要な取り組みは事実上、それらからの差別からの自由を保証しています。

現代では、連邦法の中で1964年の公民権法と同等の意義を持つものはほとんどありません。 そこでは、タイトルVIIで、議会は、人種、肌の色、宗教、性別、または国籍に基づいて職場での差別を禁止しました。 今日、私たちは雇用主が同性愛者やトランスジェンダーであることを理由に解雇できるかどうかを決定しなければなりません。

答えは明確です。同性愛者やトランスジェンダーであることを理由に解雇する雇用主は、その人が異性のメンバーに疑問を抱くことのなかった特徴や行動を理由にその人を解雇します。

性は、タイトルVIIが禁止していることと全く同じように、判決に必要かつ紛れもない役割を果たしています。公民権法を採用した人たちは、自分たちの仕事がこのような特殊な結果につながるとは予想していなかったかもしれません。

おそらく、母性を理由にした差別の禁止や男性社員のセクハラ禁止など、長年の間に明らかになってきたこの法律の結末の多くを考えていなかったのでしょう。

しかし、起草者の想像力の限界は、法律の要求を無視する理由にはならない。 法令の明示的な条件が一つの答えを与えてくれて、外部の考慮事項が別のものを示唆している場合、それは議論の余地はありません。

書かれた言葉だけが法律であり、すべての人がその恩恵を受ける権利があります。I 私たちが直面している法的問題を理解するためには、ほとんどの事実は必要ありません。私たちの前の3つのケースは、それぞれ同じように始まりました。雇用主は、従業員が同性愛者であることやトランスジェンダーであることを明らかにした直後に、長年雇用されていた従業員を解雇したが、その理由は従業員の同性愛やトランスジェンダーであること以外にはないと主張している。ジェラルド・ボストックはジョージア州クレイトン郡で児童福祉擁護者として働いていました。彼のリーダーシップの下、郡はその仕事のために全国的な賞を受賞しました。 との10年間を経て、ボストック氏は、ゲイのレクリエーションソフトボールリーグに参加し始めた。その後まもなく、地域社会の有力者が、ボストック氏の性的指向とリーグへの参加について、中傷的なコメントをしたとされています。 すぐに、彼は郡の職員として「ふさわしくない」行為のために解雇されました。ドナルド・ザルダは、ニューヨークのアルティテュードエクスプレスでスカイダイビングのインストラクターとして働いていました。 ザルダ氏は入社数シーズン後、自分がゲイであることに言及し、数日後には解雇された。Aimee Stephensは、ミシガン州ガーデンシティのR.G. & G. R.R. Harris Funeral Homesに勤務していました。 仕事に就いたとき、スティーブンスさんは男性としてプレゼンをしてくれました。しかし、入社2年目にして絶望と孤独の治療を始めました。 最終的には、臨床医は彼女を性同一性障害と診断し、女性としての生活を始めることを勧めました。入社6年目のスティーブンスさんは、今度の休暇から戻った後、「女性としてフルタイムで生活し、働く」ことを計画していることを説明した手紙を雇用主に書いていた。 葬儀社は "これではうまくいかない "と退場前に解雇した。これらの事件は同じように始まったとはいえ、異なる結末を迎えています。各従業員は、性別に基づく違法な差別を主張してタイトルVIIに基づいて訴訟を起こしました。 78 Stat. 255, 42 U.S.C.§2000e-2(a)(1)。 ボストック氏のケースでは、第11巡回区控訴裁判所は、同性愛者であることを理由に雇用者が従業員を解雇することを法律が禁止していないため、彼の訴訟は法律の問題として却下される可能性があると判断した。723 Fed. Appx. 964(2018)。一方、Zarda氏のケースでは、第2巡回区は性的指向差別はタイトルVIIに違反すると判断し、訴訟の進行を認めた。 883 F. 3d 100(2018年)。スティーブンスさんのケースはより複雑な手続きの歴史を持っているが、最終的に第6巡回区は第2巡回区の判決と同じラインに沿って、タイトルVIIは以下の理由で雇用者が従業員を解雇することを禁止するとの判決に達した。

ザルダ氏とスティーブンス氏は共に他界しました。

しかし、彼らの遺産は相続人の利益のために彼らの原因を押し続けています。そして我々は、同性愛者とトランスジェンダーの人のためのタイトルVIIの保護の範囲をめぐる控訴裁判所の間の意見の相違を最後に解決するために、これらの問題でのcertiorariを付与しました。587 U. S. ___(2019年)。II 当裁判所は、通常、制定時の用語の通常の公共的な意味と一致するように法令を解釈する。結局、このページに書かれている言葉だけが、議会で採択され、大統領が承認した法律を構成しているのです。もし裁判官が、テキスト外の情報源と私たち自身の想像力だけに触発された古い法律用語を追加したり、改造したり、更新したり、あるいは損なうことができるとしたら、私たちは、国民の代表者のために確保された立法プロセスの外で法律を修正する危険性があるだろう。国民が依存し続ける権利を否定することになります。

pagetop